Tokyo-igusa Projectとは?

和室に寝そべったとき胸いっぱいに広がる畳の香りに、懐かしい感覚を覚えたことはありませんか?もしかしたら、和室に寝そべったことが無い人もいるかも知れませんね。
近年の研究によって、「い草」は畳だけではなく、さまざまに活用できることがわかってきました。

Tokyo-igusa Projectは、畳とは違う形で「い草」の需要を生み出し、「い草」の文化をさらに深めてもらうための活動を行っています。プロジェクトのコンセプトである「い草でいいこと、いい暮らし」をもとに、「い草」の持つさまざまな特性をいかした「い草のルームフレグランス」、「い草のアートパネル」や「い草の洗顔石けん」などの商品開発を行ってきました。
これからも、北九州市立大学で「い草」の研究をされている森田洋准教授や、熊本県八代市の「い草農家」さん、畳屋さんなど、さまざまな「い草」のスペシャリストの方たちと協力しながら、「い草」の新しい楽しさを味わっていただける商品作りを行っていきます。